SHUMAMB_CLTR

http://soundcloud.com/shuma21

 

自分を超平均平凡人間として扱ってくれるコミュニティに、まわり道してやっとたどり着いた。24歳。‬

 

‪みんな口には出さないけど、明らかに同じ悩みを抱えている。人の悩みを想像することってこれまでできた試しがなかったのだけど、ここでは違った。初めての感覚だった。

‪地獄だともはっきり認識できた。暮らしを豊かにしよう豊かにしようを繰り返してきたタイプの人たちがこれだけ集まって、解決策を探しあぐねている。もはやもう探していない。どうやらこのルートの最終段階らしかった。行きどまり。地獄へようこそと聞こえた。‬

 

‪周辺の人たちすべてに当てはめるわけではないけれど、少なくとも自分は、一昔前ならここへたどり着かない人間だったように思う。時代の恩恵をうけて、目も耳も肥えてしまった。選択肢が無限にあるようにみえるのは幻想、と思うようにしていたけれど、自分の意思と権利だけで選べるものに限定しても確かに道は無数にあって、それに気づいてしまうともう何も選べない。わかっていないのに広い世界を見せられたって、つまみ食いをするという発想しか出てこないよ。‬

 

‪もっと良いものを見つけて選択しよう、という気概でいた頃は、先のことも考え易かった。選択せず消費し続けよう、では何の見通しも立たない。けれどもう戻ることはできなくて、そう腹をくくるよりなくなった人たちばかりが集まっている。‬

 

‪実際には選ばされているだけ、ということもわかっているから、自分はこれを選んだんだ!なんて言ってアイデンティティと重ね合わせることも既に恥ずかしくなってしまっている。どの道へ進んだって同じだから前に進めばいいや、となればいいのだけど、気づいてしまうと「前」なんてものはなくなる。‬

 

‪唯一救えるとすれば、創造行為なのだろうけど、その方法で己を救い続けられる人はごく一部。能力に見合わない消費ができてしまう豊かな時代だから、各人のなかで既にバランスは崩壊していて、自らの創造では物足りなくなっている。‬

 

‪苦しくなるね、これから。